【印刷用レイアウト】

共通メニュー

ハワイ永住のためには

日本人にも馴染みが深いハワイ。青い海と暖かい気候に恵まれており、年中日本から観光に訪れている方が多数いらっしゃいますが、観光だけではなく、実際にお仕事などで移住されている日本人も多数いらっしゃいます。ハワイで永住するためにはビザを取得する必要がありますが、具体的にどのような方法があるのでしょうか。

国際結婚をする

最も一般的な移住方法に国際結婚があります。アメリカ人と結婚することで、無条件にハワイ永住権が取得できます。婚姻によるビザ申請は優先順位が高く、取得するまでに時間もかからないため、一般的な方法といわれています。しかし、結婚前後の2人の写真や、メールのやり取りなどたくさんの書類を提出する必要があります。また、面接があるので、最低限の英会話を理解しておかなければなりません。

雇用先にスポンサーになってもらう

企業がスポンサーとなって雇用された方の中で、特別な技能のレベルが高い方はビザを取得することができます。業績のある研究者やスポーツ、芸術、教育などの分野で優秀な方、企業の管理職や重役レベルの方たちは、比較的に取得しやすくなっていますが、特に目立った技能がない方は、取得するまでに何年もかかることがあります。

雇用を生み出す投資をする

ハワイで会社を設立し、従業員を雇用することでビザを取得することができます。ただし、新規企業や再建企業に一定金額以上の投資を行う必要があります。そのほかにも様々な条件をクリアしなければなりません。

アメリカ永住権抽選プログラムに応募する

抽選でハワイ永住権が取得できる方法として、アメリカ永住権抽選プログラムがあります。こちらのプログラムに応募すると、ハワイを含むアメリカ合衆国に永住できる権利が取得できるのです。ハワイ永住権を取得するまでの手続きは大変なものですが、このプログラムでは、抽選で手軽に取得できる可能性があるので、とてもおすすめです。

当社では、アメリカ永住権抽選プログラムへの応募申請代行を承っております。ハワイ永住をお考えの方は、ご利用を検討してみてはいかがでしょう。また、当社でお申し込みの方に限り、ハワイのワイキキでも申請用の写真撮影が可能です。ハワイ滞在中の方で、これからハワイ永住権を取得する計画がある方は、当社にアメリカ永住権抽選プログラムの代行をお任せください。

グリーンカード.com オフィス案内

NSI ビジネスサポート株式会社
〒106-0032
東京都港区六本木6-15-1
六本木ヒルズ けやき坂テラス 6F
地図はこちら

来社申請の情報はこちらです。

メールマガジンサンプル

携帯サイトはこちら
出先からでもグリーンカード.comの情報がチェックできます。

お知らせ
DV2016 複数年キャンペーン実施です!
複数年でお申込みの場合、表示料金よりも更に1,000円割引になるキャンペーンを実施しております。当選後サポート付の複数年でのお申込みを是非ご利用ください。
 
DV2016 お申込み受付中!
ご予約フォームを送信しても弊社からの自動配信によるご案内メールが届いていないお客様は、info@greencard.jp までご連絡先お電話番号をご記入の上お知らせください。
 
複数年でお申込みの皆様へ
本年度実施予定、DV2016 申請用のお写真について、7月5日にメールにてご案内させていただきました。ご案内メールが届いていないお客様は、info@greencard.jp までお知らせください。

【過去の当選者状況】

過去のDVプログラムの全世界からの応募者総人数と日本を申請資格国として応募し、当選した方の人数は下記のとおりです。

全世界
有効応募総数
日本人
当選者数
DV2015
約939万人
636名
DV2014
約937万人
861名
DV2013
約794万人
440名
DV2012
約1477万人
435名
DV2011
約1210万人
298名
DV2010
約1360万人
302名
DV2009
約910万人
320名
DV2008
約640万人
382名
DV2007
約550万人
333名
DV2006
約630万人
336名
DV2005
約590万人
373名
DV2004
約1020万人
1291名
DV2003
約890万人
890名
DV2002
約1100万人
637名
DV2001
約1000万人
408名

なお、日本人の当選確率については、国務省発表のDV2013 データによりますとおよそ、67人に1人の割合でご当選されております。